ワイモバイルで所定のデータ通信容量を超えた場合はどうするの?

ワイモバイルで所定のデータ通信容量を超えた場合はどうするの?

 

 

「動画とか見ていたら、契約したプランのデータ通信容量を超えちゃった!?」

 

このように契約していたプランのデータ通信量を超えた場合、データ通信はできるけれど、最大128Kbpsの低速通信になってしまいます。

 

LINEやメールをするぐらいなら問題ないけど、ホームページとかを見たりするには少し厳しい。

 

しかも、次の月まで低速通信のままになってしまう。

 

こんな時には高速データ通信に戻すこともできます。

 

 

高速データ通信を買い足すことができる

 

データ通信量を使いすぎて128kbpsの低速通信になった時には、データ通信量を買い足して高速データ通信に戻すことができます。

 

スマホプランS/M/Lでは、0.5GBを500円で購入することができます。

 

通常速度に戻す場合は「My Y!mobile」から設定するか、ワイモバイルカスタマーセンターへの申し込みによって可能です。

 

 

面倒くさい場合は快適モードで設定できる

 

「使いすぎた時にいちいち通常速度に戻すのが面倒くさい」

 

こんな場合には快適モードが利用できます。

 

快適モードを利用すると、契約プランで決められたデータ通信量を超えた場合、自動的に0.5GBの追加が行われます。

 

使い過ぎに注意するために、追加回数の上限を1〜10回の間で設定もできます。

 

 

快適モードのON/OFF、快適モードの上限回数の設定は「My Y!mobile」で行えます。

 

 

パケットマイレージで高速データ通信容量を追加しよう

 

Yahoo! JAPANのサービスを使えば使うほどマイルを貯めることができる「パケットマイレージ」というサービスがあります。

 

マイルを貯めると、決まったマイル数によって1か月ごとの高速データ通信容量を追加してもらえます。

 

高速データ通信容量が増えれば、データ通信量を使い切ってしまうことも少なくなるので、こういったサービスであらかじめ高速データ通信容量を増やしておくのもよいです。

 

 

マイルごとの高速データ通信容量の追加は表のとおりです。

 

マイル数 ランク 追加される高速データ通信容量
80〜199 ブロンズ 0.5GB
200〜399 シルバー 1GB
400〜599 ゴールド 5GB
600〜 プラチナ 無制限

 

なお、パケットマイレージを利用するためには登録が必要です。

 

Yahoo!JAPANのサービスをよく利用する人であれば、データ通信容量をあらかじめ追加してもらうこともできるので、パケットマイレージサービスは登録しておいた方がよいです。