電話番号そのまま!ワイモバイルへMNPで乗り換えよう

電話番号そのまま!ワイモバイルへMNPで乗り換えよう

 

MNP(携帯番号ポータビリティ)を利用すると、電話番号そのままでワイモバイルに乗り換えることができます。

 

「MNPって面倒くさそう」

 

携帯会社を変えない人はこう思っている人が多いです。
(昔は私もそうでした。)

 

でも、MNPでの乗り換えって実はそれほど難しくありません。

 

 

MNP乗り換えの流れ

 

MNPの乗り換えをする時には、元回線事業者と新回線事業者とやり取りをしていきます。

 

 

 

 

@現在、契約している回線事業者にMNP予約番号の発行をお願いする

 

A回線事業者は回線使用者に対して、MNP予約番号を発行する

 

B「MNP予約番号」を新規回線事業者に伝え、契約手続きをする

 

C電話番号の照らし合わせと引継ぎを行う

 

D契約手続きが完了し、スマホが使えるようになる

 

 

MNP予約番号の注意事項

 

MNP予約番号は有効期限が発行当日を含めて15日間です。

 

期限内にMNPによる乗り換えを済ませないと、予約番号は無効となり、元回線事業者との契約も継続したままになります。

 

 

キャリアごとのMNP予約番号の発行の仕方

 

ショップで直接発行するか、電話、ホームページから発行できます。

 

電話、ホームページからの取得方法は以下の通りです。

 

事業者 利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
NTTドコモ 携帯電話 151 9:00〜20:00
一般電話 0120-800-000
パソコン/スマホ My Docomo → 各種お申し込み・お手続き 24時間

※メンテナンス時間除く

au/沖縄セルラー

携帯電話
一般電話

0077-75470 9:00〜20:00
パソコン/スマホ トップ → auお客さまサポート → 申し込む/変更する 9:00〜21:30
ソフトバンク

携帯電話
一般電話

0800-100-5533 9:00〜20:00
パソコン/スマホ トップ → My Softbank → 各種変更手続き 9:00〜21:30
ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク

携帯電話
一般電話

0800-100-5533 9:00〜20:00
パソコン/スマホ トップ → My Softbank → 各種変更手続き 9:00〜21:30

 

 

MNP乗り換えをする時の費用

 

MNP乗り換えをする時には費用がかかります。

 

費用は事業者や契約プランごとに違ったりするので、事前に確認しておいた方がよいです。

 

MNP転出手数料 MNPを利用して他社に乗り換える時に発生する費用
契約解除料 契約を更新月以外に解除するときに発生する費用。違約金とも呼ばれている。
契約事務手数料 新規契約をしたときに発生する事務手数料。

 

 

MNPも下調べすれば怖くない

 

MNPというと難しそうに聞こえますが、実際にやってみると簡単です。

 

私がMNP乗り換えしたときは、ショップに直接MNP予約番号の発行をしに行ったのですが、すんなりと終わりました。

 

違約金に関しても数カ月で元が取れるので、あまり気になりませんでした。

 

 

キャリアで契約しているときに支払っている月額料金とワイモバイルに乗り換えた後の差額は大きいので、違約金などは数カ月で元がとれます。

 

違約金で悩んでいる方は、一度乗り換えた後どれくらいで取り戻せるか計算してみるのもよいかもしれません。

 

 

<あわせて読みたい記事>
ワイモバイルのスマホ料金の詳細は?徹底解説します